問題集演習で絶対合格!

加入者移動管理

加入者移動管理

(発信)

端末を認証する加入者情報として、端末内やSIMに書き込まれている電話番号や端末固有番号がある。

これらの加入者情報を交換機がHLR(Home Location Register)に問い合わせ、認証を行う。

(着信)

携帯電話端末は移動するため「位置登録」がキーとなる。

各端末がそれぞれ度の基地局エリアにいるかネットワーク側で把握する必要がある。この情報はHLRに登録される。

基地局から一定時間ごと、または異なるセルに移動した際に送られてくる「ゾーン番号」を
制御信号網経由でHLRへ送信し、HLRは最新情報を登録する。
このとき、位置登録の範囲はセルをいくつかまとめた大きな範囲である。

W-CDMAの場合、認証による混雑を避けるため、位置登録の時点で
「認証に用いるデータ」を「交換機のデータベース(VLR: Visitor Location Register)」へ事前にダウンロードする方法がとられている。

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.