問題集演習で絶対合格!

Webページのコンテンツ開発・変換技術

携帯電話コンテンツの開発

開発に必要な機器、ソフトウェア

PCWebサーバ

・テキストエディタ、開発ツール…マークアップランゲージを入力するソフトウェア

・画像や動画、音楽を作成するためのソフトウェア

FTPクライアント…コンテンツをWebサーバへアップロードする

・携帯ブラウザシュミレータ…携帯電話の画面サイズや特殊文字等表示できる環境をつくる

携帯電話コンテンツの検証

①ローカルファイルで検証を行う。仕様通りに画面表示されるか、リンクは正常か、画像音楽等もれなく確認する。<PC上での検証>

②ファイルをFTP経由でWebサーバへアップロードし、同様の動作検証を行う。<PC上での検証>

③対象の端末全てを利用し、上記と同じく全て確認を行う。(実際のサービスと同じ環境での最終検討確認) <実機での検証>

実機を使うことにより、PC上の検証では見えてこなかった課題が見つかる場合がある。

④サービスイン…すべての項目がクリアで開発終了

コンテンツ変換技術

XSLT (XML Stylesheet Language Transformation)…XML文書を他の形式に変換するためのルールを記述する言語

XSLTプロセッサXSLTを用いて実際に変更するプログラム

一つのコンテンツから複数の移動体通信事業者・端末に対応したデータを作成可能である。

このようなコンテンツ変換技術を用いて、XMLのコンテンツ記述から端末が読み込むデータを自動生成する仕組みは、端末上では負荷が大きすぎるためWebサーバ上で運用する。

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.