問題集演習で絶対合格!

アプリケーションのコンテンツ開発

コンテンツのアプリケーション技術

スマートフォン向けアプリケーションの開発環境

WindowsPhone8

iOS

Android

フィーチャーフォン向け

Javaアプリ

BREWアプリ

Flash

アプリ審査と端末認証

アプリケーション審査

Google Play
AndroidアプリケーションをGoogle Playに登録するとGoogleによる審査が行われ、通過すればマーケット上にアプリケーションが公開される。公開中に不適切なアプリケーションだと発覚した場合(利用者や評価とコメント等)は、マーケット上と端末上から削除される。Google Playの審査は比較的緩く、ユーザからの意見を取り入れる形となっている。

App Store
iOSアプリケーションをApp Storeに登録するとAppleによる審査が行われ、内容やプログラム、iPhoneデザインガイドライン(画面のレイアウトやデザイン)等厳しくチェックされ、通過するとApp Storeで公開される。

・移動体通信事業者のマーケットプレイス
事業者独自の基準にのっとり審査が行われ、マーケットで公開される。

端末の認証

Android端末

CDD (Android Compatibility Definition Document)

Google Playマーケット上のアプリケーションが最低限動作するための端末仕様と実装ルール

Androidで変更禁止のソース・仕様、搭載するセンサ類の性能、ソフトウェア機能等が記述されている

このCDDを端末製造メーカが守ることで、フラグメント(端末仕様・性能が異なる端末上でアプリケーションが正常に動作しない現象)の発生を防ぐことができる。

CTS (Compatibility Test Suit)

CDDに適合しているかの試験。つまり端末の発売条件は、Googleとの契約、CTS通過、GMS (Google Mobile ServicesGoogleから提供されるアプリケーション群)をプリインストールである。

iPhone

Appleのみが製造・販売しているため、仕様統一のドキュメントは公開されていない。

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.