問題集演習で絶対合格!

無線アクセスネットワークとコアネットワーク

携帯電話網の通信ネットワーク

「無線アクセスネットワーク」「コアネットワーク」で形成される

RANandCN

・無線アクセスネットワーク(RAN: Radio Access Network)

携帯無線端末、基地局の無線設備やアンテナ等

※携帯電話網特有

 ・コアネットワーク(CN: Core Network)

関門サーバやRNC、加入者DB、回線設備等

※固定電話網で開発された技術をそのまま継承

 

RANとCNはそれぞれ独立性の強い技術であり、技術の進化に合わせそれぞれがアップデート可能である。

→例えば…RANが大きく更新されても、CNは従来の技術を継承しながら対応していたり、

LTEに対応させるために導入されたEPCというCNは、LTE以外のRANも収容できるよう開発された。

 

次のページへ

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.