問題集演習で絶対合格!

移動体通信事業者

各移動体通信事業者と使用する運営システム一覧

通信事業者

NTTドコモ

1992年 NTTから移動体通信部門が独立したのが始まり

Do Communications over the Mobile networkの頭文字
現在主流のW-CDMAやLTEの技術開発運用で中心的な存在となっている
モバイルインターネットサービス「iモード」は、世界の先駆者となった

2001年 W-CDMAサービス「FOMA」開始 <世界の先駆け>
2010年12月 LTE(HSDPAサービス)「Xi」開始 <日本国内初>

KDDI

第二電電(DDI)、国際電信電話(KDD)、日本移動通信(IDO)の3社が合併したもの

広域イーサネット事業(パワードコムと合併)
FTTH事業(東京電力と提携)

主に
・固定系通信サービス・・・長距離・国際電話サービス、インターネットサービス等
・携帯電話サービス・・・旧セルラー電話グループ、旧ツーカーグループのサービスを継承
→au事業と呼ばれる。CDMA2000方式(3GPP2規格)

2002年4月 CDMA2000 1x
2006年 CDMA2000 1x EV-DO Rev.A(下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbps)
2008年3月 1.5GHz帯PDC方式の携帯電話サービス終了(ツーカーグループ継承のもの)
2010年 EV-DOマルチキャリア方式(下り最大9.2Mbps、上り最大5.5Mbps)
2012年9月 LTE開始
2012年7月 cdmaOne サービス終了

ソフトバンクモバイル

1994年 日本テレコムの移動体通信子会社としてサービス開始(当時:東京/東海/関西デジタルホン)
2001年11月 J-Phone設立
→その後VodafoneGropeによる経営権取得でボーダフォン株式会社

2006年 ソフトバンク傘下に入り、10月から「ソフトバンクモバイル株式会社」としてスタート
「写メール」がヒット・・・携帯電話にカメラを搭載し、さらにメールで手軽に添付できるサービス

2010年3月 2GのPDCサービス終了
W-CDMA方式で「Softbank 3G」開始
DC-HSDPA方式で「ULTRA SPEED」開始

2012年9月 LTE 「Softbank 4G」開始
2010年 「ウィルコム」を傘下に
2012年10月 「イー・アクセス」・「スプリント・ネクステル」を子会社化

イー・アクセス

2005年1月 「イーモバイル株式会社」を設立 ADSL回線事業が主体だったイー・アクセスが携帯電話事業に参入
2005年11月 1.7GHz帯の割り当てを受ける
2007年3月 携帯電話サービス開始
日本で初めて、PC接続時の定額データ通信サービス事業開始
→W-CDMA方式のHSPA採用

2008年3月 音声サービス提供開始
2009年7月 HSPA+方式導入(日本国内初)
2010年12月 DC-HSDPA方式導入
2012年3月 LTE 「EMOBILE LTE」サービス提供開始 下り最大75Mbps
2011年3月 親会社「イー・アクセス」と合併 イー・アクセスが「E-MOBILEブランド」でサービス提供している
2013年1月 ソフトバンクと経営統合 →業務提携をしている

ウィルコム<PHS事業者>

2005年 DDIのPHS事業会社としてサービス開始
高出力型基地局(500mW型)を主力とし日本で一番広いエリアをカバー

2001年 データ通信サービス「Air H”」で定額料金にてサービス開始
2005年 音声サービスも定額料金開始
→1997年から携帯電話にユーザーを奪われていっていたが、
音声サービス定額を始めたことで、ユーザーの増加に転じた

2004年6月 DDIポケット買収される
2004年10月 新会社として再スタート
2005年2月 「ウィルコム」へ社名変更
2009年4月 2.5GHz帯を使用し、東京山手線内エリア限定で「WILLCOM CORE XGP」を提供
2010年12月 ソフトバンクの傘下へ入る
→「Wireless City Planning」がXGPを継承

2011年9月 AXGPサービス(TD-LTE互換)がMVNOで提供開始(Softbank 4G)

UQコミュニケーションズ

日本で唯一の「モバイルWiMAX技術」でサービス提供する移動体通信事業者

2007年8月 事業企画会社として設立 KDDIが中心となる
2008年3月 UQコミュニケーションズへ社名変更
2009年2月 UQ WiMAXサービス(下り最大40Mbps、上り最大10Mbps)を開始
初期はPCに「USB型端末」や「PCカード型端末」で接続するタイプで提供していた
のちに、ワイヤレスルーターやPC自体にWiMAXを内蔵することで利用ユーザーが増加した

2012年11月 人口カバー率94% 基地局数21000
料金プランは以下のバリエーションで提供

UQ Flat 月額完全定額
UQ Flat年間パスポート 1年間契約の月額定額
UQ Step 2段階定額
UQ 1Day 24時間課金

MVNO事業者との提携に前向きな姿勢をとり続けており、
2012年11月時点で59社と事業提携している

 

次のページへ

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.