問題集演習で絶対合格!

無線インターフェイス

無線LAN

有線LANの代わりに電波を用いてデータを送受信する技術。IP電話にも用いられる。

現在の規格では、最大通信速度11Mbps54Mbps150450Mbpsのいずれかで接続可

・端末が「アクセスポイント」に接続することでネットワークに接続できる

アクセスポイントとは、「無線LAN機器からの電波」と「有線LAN・固定電話網モデム」との橋渡し役

無線LAN機器はユーザが免許申請なしで利用できる特定無線設備である

製造メーカは認証を取得し、技適番号・認証番号の表示をする。

アクセスポイントを設置する際は、直進性が高く電波干渉・遮蔽物に弱い点を考慮する必要がある

・無線LANスポット

通信事業者・インターネットプロバイダが、会員向けに空港やホテル、飲食店にアクセスポイントを設置

飲食店自らが、顧客のために無料(または有料)で提供するためにアクセスポイントを設置

後者の場合、セキュリティ対策が不十分で通信が傍受される可能性があるため、自ら暗号化やセキュアサーバの使用等対策が必要である

・無線LANの通信規格

規格名

周波数帯域

最大速度

到着距離

IEEE802.11a

5GHz

54Mbps

50m

IEEE802.11b

2.4GHz

11Mbps

100m

IEEE802.11g

2.4GHz

54Mbps

80m

IEEE802.11n

2.4GHz5GHz

150Mbps(Dual)600Mbps(MIMO)

50100m

IEEE802.11ac

2.4GHz5GHz

433Mbps(80MHz)6.93Gbps(160MHz)

50100m

802.1・・・<1999> 無線LANの普及がスタートした規格

2.4GHz帯はBluetoothや電子レンジと同じ周波数帯であり、干渉が起こりやすい。

802.11a・・・<2000> 干渉は発生しにくいが到着距離が短い。

周波数が異なるため802.11b規格製品と互換性がない

802.11g・・・<2003> 802.11bを高速通信技術OFDMで発展させた規格

既存設備802.11bと互換性があるため設備が無駄にならず、

新規802.11gとは高速通信が可能であるため急速に普及した

802.11n・・・<2009> 2.4GHz帯と5GHz帯を利用する。

デュアルチャンネル通信技術やMIMOにより更なる高速通信が実現した

802.11ac・・・<2012>802.11nを更に高速化。

変調方式6値→8値、帯域40MHz→80MHz160M、MIMO最高4ストリーム→最高8ストリーム、Multi User MIMO(通信相手ごとにストリームを分ける)

Wi-Fi Alliance

異なる製造メーカ同士でも互換性を持たせることを目的とした業界団体(当初はWECA)

仕様に応じた互換性検証テストをクリアした機器はWi-Fi認証ロゴを貼付し出荷

その他、Wi-Fi Direct規格(機器間接続の互換性)Miracast規格(映像ストリーム伝送機器)の制定・認証

・セキュリティ対策

無線LANは電波を用いるため、有線に比べ他者に傍受される可能性が高いため暗号化により対策する

WEP (Wired Equivalent Privacy)

パケット通信の各パケットを暗号化するもの。

40/60ビットの秘密鍵を採用したが解読されやすいため128ビット鍵が追加された。

しかしWEP自体の脆弱性が指摘されたため、Fast Packet Keying方式(パケットごとに異なるWEP鍵を用いる)が追加された。

WPA (Wi-Fi Protected Access)

TKIP方式と端末認証方式、MIC導入により、安全性がさらに高まった

TKIP方式(Temporary Key Integrity Protocol)…従来のWEP鍵を端末ごとに変更、一定時間ごとに暗号鍵を更新

MIC (Message Integrity Code)…メッセージの改ざん防止により「なりすまし」への対策

WPA2 (=IEEE802.11i)

暗号化方式AES(Advanced Encryption Standard)を採用

WPAは暗号通信時の運用技術強化に留まるが、WPA2は暗号化アルゴリズム自体の強化

・Bluetooth

 

・NFC (Near Field Communication)

ソニー開発の非接触ICカードFeliCa Philips開発のMifare の互換性確保を目的とした国際標準規格

通信距離最大10cmなため傍受を防ぎセキュリティ確保

パッシブ型で不揮発メモリ内蔵ICチップとアンテナで構成される

(実用例) FeliCa…交通系カード、流通系電子マネーカード Mifare…taspoICテレフォンカード

・IrDA

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.