問題集演習で絶対合格!

周辺機器

プリンタ

利用方法

PC・タブレット端末

OSとプリンタの間に入り、やり取りをサポートするデバイスドライバのインストールが必要

接続方式はUSBケーブル、Bluetooth、無線LANIrDA(赤外線)等を用いる

スマートフォン・フィーチャーフォン

外部記憶メディア(SDカード、メモリースティック)にデータを保存し、プリンタに接続する

PictBridge規格対応端末…端末からプリンタへ直接データを出力し印刷が可能

印字方式

・ドットインパクト型…複写用紙への大量印刷向き。動作音が大きく一般オフィスや家庭には適さない

・ノンインパクト型

【感熱プリンタ】

加熱で色が変化する感熱紙を用いて熱された印字ヘッドを紙に圧着することで印字する

小型で動作音静か。感熱紙が必要。経年劣化で変色する。書類には適さない。

モバイル端末からの写真や連絡先データを簡易印刷するモバイルプリンタに採用される。

【熱転写プリンタ】

熱された印字ヘッドを紙に圧着し、インクリボンの固形インクを解かし印字する

小型で動作音静か。ワープロ機に採用されていた。高価な顔料を用いることで品質の

高いカラー印刷が可能。ランニングコストが高い。オフィス・家庭にはあまり適さない。

【レーザプリンタ】

感光ドラムの表面にレーザ光線を照射し、形成された印刷パターンに転写後、トナー(

炭の粉)を定着させ、全体のイメージを作成し、トナーを熱で紙に圧着し印字する。

消費電力が大きい。

【インクジェットプリンタ】

スキャナ

モデム

ネットワーク

バーコード・2次元コードリーダ

その他

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.