問題集演習で絶対合格!

トランスポート層

トランスポート層のプロトコル <TCP UDP>

IPパケットで送受信されるデータを適切なプログラムと繋ぐ役割

IPパケットのデータ部に「データグラム」を格納し、コンピュータ間を伝送する

データグラムのヘッダ情報

送信元ポート番号 と 宛先ポート番号

・ポート番号…0~65535番

・ウェルノウンポート…0~1023番

FTP(20/21)、SSH(22)、TELNET(23)、SMTP(25)、DNS(53)、HTTP(80)、POP3(110)、HTTPS(443)

・登録済ポート…1024~49151番  ベンダ固有のアプリケーションに割り当てる

・プライベートポート…49152~65535番 システムが自動で割り当てる

 

TCP (Transmission Control Protocol)

上位プログラムに対し、透過的な双方向通信を提供する

複数のデータグラムに分割し、受信側で元のデータに修正する

送出したデータフラムが相手に届かなかった場合、再送する

送信側コンピュータがデータグラムを送出する。

データサイズとシーケンス番号(全体データのうち、データの先頭が何バイト目)情報が記載される

受信側コンピュータがデータグラムを受け取る。
実際に受信したデータサイズにシーケンス番号を加えた値をACK番号(Acknowledgement)として受信側コンピュータへ返信する。

送信側コンピュータはACK番号の値と実際に送出したデータサイズを比較する。
正常な場合、次のシーケンス番号(前回のシーケンス番号+前回データサイズを付加する)と次のデータサイズをヘッダに付加して送出する。
異常な場合、データグラムの再送処理を行う。
通常この方式ではACK番号が返ってくるまでの待機時間が発生するが、ウインドウ制御方式を用いることで、受信側にバッファを設け連続してデータを送出する。

 

UDP (User Datagram Protocol)

単純に目的のポート番号へデータを送出する  コネクションレス型通信

転送効率は良いが、通信中のパケット喪失やデータ誤り検出がないため、必要な場合は上位のアプリケーション層で実施する。

リアルタイム性が求められるIP電話や動画配信に用いられる。

 

TCP/IPにおける階層化のイメージ

TCPデータグラム
送信元ポート番号 宛先ポート番号 その他 データ

 

IPパケット
送信元IPアドレス 宛先IPアドレス その他 データ

 

イーサネットフレーム

宛先MACアドレス 送信元MACアドレス その他 データ

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.