問題集演習で絶対合格!

M2Mシステムの構成

M2Mアーキテクチャ

M2Mシステムは主に次の要素で構成される。

M2Mデバイス、基幹ネットワーク(無線/有線)、M2Mサービスプラットフォーム、M2Mアプリケーション、M2Mエリアネットワーク、M2Mゲートウェイ

M2Mアーキテクチャ

M2Mアプリケーション

M2Mビジネス分野それぞれに特化したアプリケーションソフトウェアである。用いられる分野は、エネルギー、医療、運輸交通、家電等様々である。

M2MデバイスとM2Mサーバの両方に組み込まれることで、双方でデータの送受信が実行される。

M2Mサービスプラットフォーム

M2Mアプリケーションが、ネットワークを介してスムーズな連携ができるよう、共通のサービス機能を提供するミドルウェアである。

基幹ネットワーク

基幹ネットワークは、M2MデバイスとM2Mサーバを接続する無線ネットワーク(有線ネットワーク)を指す。

M2Mデバイス

センサやアクチュエータを搭載し、屋外・屋内様々な場所に設置される。M2Mアプリケーションにより動作する。

M2Mゲートウェイ

M2Mとネットワークの間に設置される。周辺のM2Mデバイスが接続するM2Mエリアネットワークと連携し、複数のM2Mデバイスで収集したデータを集約してM2Mサーバへ伝送したり、M2Mサーバからのデバイス制御情報を各デバイスへ伝送したりする役割を担う。

M2Mエリアネットワーク

M2Mエリアネットワークは、通信方式に、無線LANBluetoothIEEE802.15.4技術、PLC(電力線通信)等を用いる。

【MCPC2級】学習

学習対策テキスト

【MCPC2級】学習

PAGETOP
Copyright © レッツ!モバイルシステム技術検定2級 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.